マルゴー ド デュルフォール ヴィヴァンス[2014]年 メドック グラン クリュ クラッセ 格付第2級 ヴィヴァンス元詰 10年熟成品
Margaux de Durfort-Vivens 2014 AOC Margaux Medoc Grand Cru Classe du Medoc en 1855

商品番号 0101013001272
当店特別価格 ¥ 3,278 税込
宅配便(冷蔵可)
[ 30 ポイント進呈 ]

マルゴー・ド・デュルフォール・ヴィヴァンス[2014]年・メドック・グラン・クリュ・クラッセ・格付第2級のシャトー・デュルフォール・ヴィヴァンス元詰(ゴンザッグ・リュルトン家)・AOCマルゴー・10年熟成品・13%

Margaux de Durfort-Vivens 2014 AOC Margaux Medoc Grand Cru Classe du Medoc en 1855

  • 生産者シャトー・デュルフォール・ヴィヴァンス元詰 (ゴンザッグ・リュルトン家)
  • 生産地フランス/ボルドー/メドック/マルゴー村/AOCマルゴー
  • 内容量赤 辛口

入手困難!ボルドー メドック格付フルボディ辛口赤ワイン愛好家大注目!メドック格付第二級のマルゴー格付フルボディ愛好家大注目!格付第2級のシャトー・デュルフォール・ヴィヴァンス元詰のマルゴー・ド・デュルフォール・ヴィヴァンスが待望の飲み頃10年熟成の[2014]年で遂に入荷!リュルトン家による格付の中では比較的小さなメドック格付第二級!シャトー・マルゴー、シャトー・フェリエール(オーナーのゴンザッグ・リュルトン氏の奥さんの所有)などと伴に、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高く、1995年V.T以降、品質の向上が著しく、2002年以降はさらに凄いと言われる人気マルゴー格付!あの「死ぬ前に飲むべき1001ワイン」にも登場!しかもかつては格付第一級のシャトー・マルゴーの一部だった究極シャトー!北にはシャトー・マルゴー、南にはシャトー・パルメの畑という最高立地!のマルゴー格付第二級、シャトー・デュルフォール・ヴィヴァンス!しかも格付第2級ながら、非常に良心的な価格設定で「マルゴーで最もコストパフォーマンスに優れた特級ワイン」とも言われるデュルフォール・ヴィヴァンス!しかも「最もシャトー・マルゴーのスタイルに近いシャトー」とも言われる人気格付!(シャトー・デュルフォール・ヴィヴァンスの物語は、14世紀にデュルフォール・ド・デュラス騎士団が所有していた狩猟小屋から始まる。数世紀後の17世紀、シャトーはワインのエステートとなる。17世紀末の1787年、トーマス・ジェファーソン(アメリカ第3代大統領)がそのワインの美しさを称え、1855年にはシャトー・デュルフォール・ヴィヴァンスもボルドーのメドック・グラン・クリュ・ワインの公式格付けに格付第二級として加えられた。19世紀初頭、1961年にルシアン・リュルトンがシャトーを購入し、後に息子のゴンザグ・リュルトンに譲渡するまで、ワイナリーは低迷していた。ゴンザグは、いわばシャトー・デュルフォール・ヴィヴァンスを再生させ、常に達成してきた卓越したレベルに戻すことを使命とした。今日、彼は完全に成功したと言える。)このマルゴー・ド・デュルフォール・ヴィヴァンス[2014]年についてメゾン・モンタニャックは『マルゴーで最も素晴らしいメゾンのひとつであるこの特別に上質なマルゴーワインは、カベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロ24%、カベルネ・フラン6%から造られている。このマルゴー・ド・デュルフォール・ヴィヴァンスは、1855年に格付けされたドゥシエム・グランクリュのシャトー・デュルフォール・ヴィヴァンスから造られる。絹のようになめらかで、魅惑的で、完璧にバランスが取れている。このワインは濃厚なチェリーレッドの色調で、熟したダークフルーツのノーズと、フレンチオーク100%のバリックのみで18ヶ月間熟成させた杉やバニラのようなエレガントな木の熟成香が絡み合っている。また、カベルネ・ソーヴィニヨン種からくる野菜の香りが、グリーン・ペッパーのヒントとともに鼻に抜ける。口に含むと、ブラックカラントやブラックベリーなどのダークフルーツの香りが再び現れ、スミレや、このワインが受けるマロラクティック発酵(フレッシュなリンゴ酸をよりソフトな乳酸に変える)による瑞々しい酸味も感じられる。フィニッシュはリッチで凝縮感があるが、風味と同様、とりわけ洗練されたエレガントな味わいである。』(フランス本国でのリリース価格は29.52ユーロ(2023年12月のレートで約4634円))シャトー・デュルフォール・ヴィヴァンスがシャトー元詰(1stと同じスタッフ&同じ醸造所で同様に造られる。)一部のネゴシアンルートで販売する幻のマルゴー・ド・デュルフォール・ヴィヴァンス[2014]年が限定でお買い得プライスで少量入荷!

1855年のメドック格付けで、マルゴー2級を与えられた誉れ高きデュルフォール・ヴィヴァン。当時の格付けでは、メドック全体で9番目というとても高い格付けが与えられていました。それにもかかわらず、他のシャトーに比べると知名度の低いこのシャトー。それには理由があり、1937年から1961年までシャトー・マルゴーに所有され、シャトー・マルゴーやパヴィヨン・ルージュの一部とされていたため、「シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン」という名前でワインが世に出回っていなかったという歴史があるからです。

「ブラーヌ・カントナックのセカンドワインでは?」と勘違いされたこともあって、知名度がなかなか上がらず、低迷が続きました。長く低迷が続いたシャトーに希望の光が射したのは90年代になってからのことでした。1992年から現在のゴンザッグ・リュルトン氏がオーナーとなり大きく設備投資を行ったことで、品質は大きく向上。1995年に念願の“100%シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン”として販売が再開されました。

1855年のメドック格付けで、マルゴー2級を与えられた誉れ高きデュルフォール・ヴィヴァン。当時の格付けでは、メドック全体で9番目というとても高い格付けが与えられていました。それにもかかわらず、他のシャトーに比べると知名度の低いこのシャトー。それには理由があり、1937年から1961年までシャトー・マルゴーに所有され、シャトー・マルゴーやパヴィヨン・ルージュの一部とされていたため、「シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン」という名前でワインが世に出回っていなかったという歴史があるからです。

「ブラーヌ・カントナックのセカンドワインでは?」と勘違いされたこともあって、知名度がなかなか上がらず、低迷が続きました。長く低迷が続いたシャトーに希望の光が射したのは90年代になってからのことでした。1992年から現在のゴンザッグ・リュルトン氏がオーナーとなり大きく設備投資を行ったことで、品質は大きく向上。1995年に念願の“100%シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン”として販売が再開されました。

2009年から畑の一部でビオディナミ農法を始め、毎年ビオディナミの区画を増やし、2011年には50%、そして2013年からは100%ビオディナミでブドウを栽培しています。これは左岸の格付けシャトーでは、ポンテ・カネ、クリマンスに次いで3番目。ボルドー全体ではこれらに加えてパルメ、フォンロックを含めて5シャトーのみがビオディナミ100%実践です。ビオディナミを始めたことで、ブドウとワインに大きな変化が現れました。ビオディナミになったことで、よりクリーンでピュアな凝縮感のある、そしてよりミネラル感を感じるブドウが採れるようになりました。

シャトー・デュルフォール・ヴィヴァンについてヒュー・ジョンソン氏は「比較的小さな第2級格付けで改善されつつある。ゴンザク・リュルトンが所有。最近のワインは構成のしっかりした(カベルネ・ソーヴィニヨンの割合が多い)卓越したもの!」として★★★3つ星評価をしています。ベタンヌ&ドゥソーヴはシャトー・デュルフォール・ヴィヴァンについて3B&Dマークの高評価をつけ、「指揮を執っているのはゴンザーク・リュルトンで、父親のリュシアンと同じようにマルゴーのテロワールには情熱を持っているが、日々、より厳しく仕事を行っている。カベルネ・ソーヴィニヨンに特徴づけられ、ワインは他のものよりまっすぐで率直。やや厳しすぎるところもあるが、繊細で気品があり、複雑。」と大注目!

返品・交換について

商品の品質につきましては、万全を期しておりますが、万一不良・破損などがございましたら、商品到着後1週間以内以内にお知らせください。返品・交換につきましては、1週間以内、未開封・未使用に限り可能です。