1. HOME
  2. フランス
  3. ブルゴーニュ
  4. コート・ド・ボーヌ全域(ブルゴーニュ)
  5. ボーヌ プルミエ クリュ 一級“オマージュ オー クリマ”記念ボトル 2020 年 ルイ ジャド社 AOCボーヌ プルミエ クリュ 一級Beaune 1er Cru “Hommage Aux Climats”Anniversary [2020] Louis Jadot AOC Beaune 1er Cru

ボーヌ プルミエ クリュ 一級“オマージュ オー クリマ”記念ボトル 2020 年 ルイ ジャド社 AOCボーヌ プルミエ クリュ 一級
Beaune 1er Cru “Hommage Aux Climats”Anniversary [2020] Louis Jadot AOC Beaune 1er Cru

商品番号 0102021050672
定価 ¥ 10,440 のところ
当店特別価格 ¥ 10,439 税込
  • 赤ワイン
  • フランス
  • フルボディ
  • 辛口
宅配便(冷蔵可)
[ 95 ポイント進呈 ]

ボーヌ プルミエ クリュ 一級“オマージュ オー クリマ”記念ボトル 2020 年 ルイ ジャド社 AOCボーヌ プルミエ クリュ 一級

Beaune 1er Cru “Hommage Aux Climats”Anniversary [2020] Louis Jadot AOC Beaune 1er Cru

  • 生産年[2020
  • 生産者ルイ・ジャド社
  • 生産地ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ ボーヌ村
  • タイプ赤・辛口
  • テイストフルボディ
  • 内容量750

希少!高級ブルゴーニュ辛口赤ワイン愛好家大注目!ボーヌ・プルミエ・クリュ・一級フルボディ辛口赤ワイン愛好家垂涎!最高のヴィンテージにのみリリースされる入手困難な記念ボトル!あの1959年以来50年ぶりに造られた記念ボトルで爆発ヒット!ずばりブルゴーニュの名門中の名門!ルイ・ジャド社が生まれ育ったボーヌのテロワールに敬意を表して造られた150周年ボトルと同様に素晴しい収穫年2020年産ボーヌのプルミエ・クリュ・一級を記念して生まれ育ったボーヌの素晴しいクリマに敬意を表したオマージュワインとして超限定でリリースされた特別醸造のスペシャル・キュヴェ!遂に愛好家待望のスーパーグレイトヴィンテージ[2020]年もの(アシェット・ガイド誌2023年版ではブルゴーニュの赤に「史上最高のヴィンテージのひとつ!驚異の18/20点(1970年以降、50年間で18/20以上は1971、1978、1990、2005、2015、2018、2019、2020年の過去に8ヴィンテージのみ。)」の最高評価でついに入荷)!しかも、このボーヌ・プルミエ・クリュ・一級“オマージュ・オー・クリマ”記念ボトル[2020]年で今やロバートパーカーをも凌駕すると言われるアランメドゥのバーガハウンドでも驚異の91点の高評価で、絶賛コメントは『非常に熟したノーズは、まだ適度にフレッシュで、スパイス、プラム、土、花のトップノートのノートが組み合わさっている。しなやかでまろやか、魅惑的なテクスチャーの中量級の風味は、撫でるような口当たりを持ち、しっかりとした比較的力強い後味とは幾分対照的である。もっと深みが欲しいところだが、根底にあるものははっきりしているので、チャンスがあればもっと発展するだろう。飲み頃、2030年+ 91点』で大絶賛!しかもハートマーク付のOutstandingのコメント付で大注目!一級・ブシェロット、一級・トゥーロン、一級・グレーヴ、一級・クロ・デュ・ロワ、一級・ブレッサンドを中心に16種のプルミエ・クリュをブレンド(そのほとんどがルイ・ジャド社のエステートもの)!しかもそれぞれのプルミエ・クリュごとにキュヴェを分けて個別に醸造!さらにプルミエ・クリュごとにキュヴェを分けて熟成後ブレンドした超スペシャル・キュヴェ!それぞれの畑の個性が見事に調和した奥深い味わいのフルボディ辛口赤ワイン!ルイ・ジャド社自ら、「偉大なヴィンテージを予感させる、濃い深みのある色合い。クロスグリ、ブラックベリーなどの香り。ボーヌ・プルミエ・クリュの豊かで複雑な特長が良く表現されたバランスの良い味わい!タンニンは、なめらかで繊細だがしっかりと主張していて少なくとも30年以上の長期熟成のポテンシャルを感じさせる。」究極フルボディ赤ワインが限定で、しかも大当たり2020年で、しかも正規代理店輸入品で限定で極少量入荷!

ルイ・ジャド社は1859年に創立した、 ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。 1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、 マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。 今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、 同社の社長として運営にあたっています。 1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。

【醸造、熟成】 『セミ・カーボニック・マセレーション』と呼ばれる方法で醸造します。これはボージョレ地域で通常カーボニック・マセレーションとして行われている密閉タンクへの二酸化炭素の注入はせず、自然発生する二酸化炭素を利用します。このようなセミ・カーボニック・マセレーションを用いているため二酸化炭素環境下に置かれる時期が異なり、特別なバナナなどの香りが強調されすぎる事が少なく、味わい深さが増します。また、ルイ・ジャド社プリムールの特長として、一般的なカーボニック・マーセレーションよりも比較的発酵開始温度を高く(一般のものは20℃以下)、また、タンク内に置く時間も長く設定し、ガメイ種の色や、その品種独自の特長的な香りをより引き出すようにしています。

同社のワイン醸造の責任を担っているのは、才知あふれる醸造家のジャック・ラルディエールです。1970年からルイ・ジャドのワインに携わってきた彼のポリシーは、あらゆるワインにおいて、テロワールの個性を最大限引き出すことにあります。そのため、ブルゴーニュ・ワインの醸造にとって重要な役割を果たすオーク樽は、ルイ・ジャド社の資本のもと、1996年、ラドワ・セリニー村に創立した樽製造会社カデュスで作られています。ここでは樽材の乾燥から組み立てまで一貫した生産が行われ、オーク樽の品質を徹底的に管理することができるようになりました。また、1997年の秋にはボーヌ郊外に、最先端の設備を備えた醸造施設が完成。ルイ・ジャド社のワインの品質をさらに高めるに至っています。

ブドウはすべて手摘みです。まずブドウ畑の中で完熟した健全なものだけを選別し、重みで潰れないよう小さなカゴに入れて醸造施設まで運ばれます。収穫されたブドウはさらに選果台の上で入念に選り分けられます。 赤ワインではピノ・ノワールを90パーセント除梗しますが、白ワイン用のシャルドネは全房のまま圧搾機で搾汁します。果汁はステンレスタンクに数日間静置され、不純物を沈殿させます。発酵が始まったらすみやかにオークの小樽に移し、アルコール発酵とマロラクティック発酵が続けられます。同じ樽の中でアペラシオンに応じて10~20カ月間寝かされ、瓶詰め前に軽い清澄作業が行われます。

返品・交換について

商品の品質につきましては、万全を期しておりますが、万一不良・破損などがございましたら、商品到着後1週間以内以内にお知らせください。返品・交換につきましては、1週間以内、未開封・未使用に限り可能です。