1. HOME
  2. 日本
  3. 広島三次ワイナリー TOMOE 小公子 マスカット ベーリーA 2019 日本ワイン 広島県三次市 広島三次(ひろしまみよし)ワイナリー 赤 辛口HIROSHIMA MIYOSHI SHOUKOUSHI Muscat Bailey A 2019【N★11】

広島三次ワイナリー TOMOE 小公子 マスカット ベーリーA 2019 日本ワイン 広島県三次市 広島三次(ひろしまみよし)ワイナリー 赤 辛口
HIROSHIMA MIYOSHI SHOUKOUSHI Muscat Bailey A 2019【N★11】

商品番号 1900004003429
定価 ¥ 3,135 のところ
当店特別価格 ¥ 3,300 税込
  • ミディアムボディ
宅配便(冷蔵可)
[ 30 ポイント進呈 ]
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

広島三次ワイナリー・TOMOE・小公子 マスカット・ベーリーA[2019]年・日本ワイン・広島県三次市・広島三次(ひろしまみよし)ワイナリー・フレンチオーク樽で約18ヶ月間熟成・G7広島サミットでも提供注目ワイン!

HIROSHIMA MIYOSHI SHOUKOUSHI Muscat Bailey A [2019]

  • 生産年[2019]年
  • 生産者広島三次ワイナリー
  • 生産地日本/広島/三次/小公子&マスカット・ベーリーA
  • テイストミディアムボディ
  • 内容量750ml

日本ワイン100%辛口ミディアムボディ赤ワイン愛好家大注目!国産100%の小公子種主体にわずかなマスカット・ベーリーA種で造られる数量限定生産日本ワイン!しかもG7広島サミットの昼食会、晩餐会に提供されたワイン!(サミットでは、国内外のワインコンクールで多くの受賞をする銘柄「TOMOE」シリーズが提供されました。広島県随一のぶどうの生産地、三次市に位置するワイナリー(提供されたワイン【「TOMOE デラウェア 2021/TOMOE 小公子 マスカット・ベーリーA/TOMOE シラー 2018】)造り手は広島県三次市(みよしし)にあるワイナリー!昼夜の寒暖差を生む三次盆地はブドウの栽培にも適しており、市内を3本の大きな川が流れ、初秋から早春にかけて発生する“霧の海”により、世界的にも希少な「貴腐ワイン」を生み出しています!市内の委託・契約農家からと自社農園では「ピノ・ノワール」「シラー」「プティ・ヴェルド」を栽培!三次で育ったブドウの良さを最大限に引き出す、丁寧なワイン造りを日々行っています!このTOMOE・小公子 マスカット・ベーリー2019年はワイルドかつフルーティー!ジャパンブレンドの真骨頂!日本古来の山ブドウを祖とする「小公子」(日本古来の山ぶどうを祖とする濃い色合いを持つ小公子)を主体に、国内改良品種「マスカットベーリーA」を少量ブレンドして仕上げた、日本ブドウによる純・日本ワインです!小公子の野性的な香りと味わいに、フルーティーさが加わりゴージャスなテクスチャーを実現!フレンチオーク樽で約18ヶ月間熟成!渋みが少なく絶妙なバランスを楽しめます!(契約圃場収穫。棚仕立て。日本古来の山ブドウをワイン用に品種改良した「小公子」と国内改良品種である「マスカット・ベーリーA」の日本品種のみで構成されたジャパンブレンド!小公子は樽でしっかり熟成!強い酸味と濃い色合い、あっさりとした味わいの小公子を樽熟成することで、まろやかさと複雑味を持たせ、マスカット・ベーリーAの華やかな香りを纏わせた!香りは植物の野生的な香り、 甘くフルーティーな香り、味わいはフレッシュな酸味、樽熟成による深いコク、 渋みが少なく果実味と旨味が変化する複雑性!(合う料理はビーフステーキ、ラムチョップ、ローストビーフ、 ブルーチーズ)

広島県三次市(みよしし)にあるワイナリー。 昼夜の寒暖差を生む三次盆地はブドウの栽培にも適しており、市内を3本の大きな川が流れ、初秋から早春にかけて発生する“霧の海”により、世界的にも希少な「貴腐ワイン」を生み出しています。 市内の委託・契約農家から原料を出荷頂くほか、自社農園では「ピノ・ノワール」「シラー」「プティヴェルド」を栽培。 三次で育ったブドウの良さを最大限に引き出す、丁寧なワイン造りを日々行っています。

ブドウはワインの原料となるため管理が重要。そのため栽培は1年がかりで行います。次の収穫に向け、休まず準備は始まるのです。冬は土壌の整備や枝の剪定、春は新芽と枝葉の手入れ。夏になると次第に実を付け、徐々にブドウの果実が色付き始めます。この頃、果実への養分調整とカビなどによる病気予防の目的で、伸びてきた枝の先端を切り落とし、果実周辺の一部の葉を摘みます。さらに、余分な房を間引き、数を制限することで熟して凝縮した風味のブドウに仕上げていきます。こうした作業を行い、実りの秋を迎えるのです。

ワインの醸造は、簡単にいえば、ブドウを潰して果汁を発酵させるというもの。赤、ロゼ、白、スパークリングと、醸造方法はそれぞれ異なります。造り手は、果実から味わいや香りなどを引き出すため、ブドウの仕分けはもちろん、発酵の温度や時間、使用する樽など、細部にまでこだわって醸造しています。また、三次ワイナリーの醸造現場には、破砕したブドウから果汁を搾る圧搾機、果皮や種子と一緒に発酵させる醸しタンク、発酵を促すステンレスタンク、最新瓶詰作業ラインといった設備も完備。理想の味を追求するとともに、安心・安全なワイン造りに取り組んでいます。

返品・交換について

商品の品質につきましては、万全を期しておりますが、万一不良・破損などがございましたら、商品到着後1週間以内以内にお知らせください。返品・交換につきましては、1週間以内、未開封・未使用に限り可能です。