1. HOME
  2. ニュージーランド
  3. マールボロー
  4. ノーティラス エステート ソーヴィニヨン ブラン 2023 年 ソーヴィニヨン ブラン種100%Nautilus Estate Sauvignon Blanc Marlborough 2023 16th March - 8th April 2023 Marlborough (Sustainable Winegrowing New Zealand)

ノーティラス エステート ソーヴィニヨン ブラン 2023 年 ソーヴィニヨン ブラン種100%
Nautilus Estate Sauvignon Blanc Marlborough 2023 16th March - 8th April 2023 Marlborough (Sustainable Winegrowing New Zealand)

商品番号 1400004001420
定価 ¥ 2,723 のところ
当店特別価格 ¥ 2,722 税込
  • 白ワイン
  • ニュージーランド
  • 辛口
  • 自然派
宅配便(冷蔵可)
[ 25 ポイント進呈 ]

ノーティラス エステート ソーヴィニヨン ブラン 2023 年 ソーヴィニヨン ブラン種100%

Nautilus Estate Sauvignon Blanc Marlborough 2023 16th March - 8th April 2023 Marlborough (Sustainable Winegrowing New Zealand)

  • 生産年[2023
  • 生産者ノーティラス エステート
  • 生産地ニュージーランド/マールボロ/ソーヴィニョン・ブラン
  • タイプ白・辛口
  • ブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン100%
  • 内容量750
  • JANコード4573542518358

ニュージーランド・マールボロ産辛口白ワイン愛好家大注目!ニュージーランド・ソーヴィニヨン・ブラン種100%辛口白ワインファン大注目!いきいきとしたシトラスのフレーバーが口の中一杯に広がり、滑らかな口当たりの辛口白ワイン!造り手は1985年にソーヴィニヨン・ブランのファーストヴィンテージをリリース!マールボロでオーナーが変わることなく、家族経営を貫いているワイナリーの1つです(マールボロでは2軒のみ)!2000年には南半球で初めて、ピノ・ノワール専用の醸造施設を設立!グラヴィティー・フローと優しいプレスが出来る設備を整え、品質の向上に寄与しました!2006年には白ワイン専用醸造施設も完成!ワインの品質を第一に考えつつ、環境にも配慮した構造となっています!ワインメーカーClive Jones(クライヴ・ジョーンズ氏)のコメントは「果実は夜か朝の涼しいうちに機械で収穫された。すぐに破砕して圧搾する。果汁はステンレス・タンクで様々なアロマティック酵母で発酵させる。その唯一の目的は、ブドウ畑で育った風味とアロマを反映させ、保存することである。畑で育まれた風味とアロマを反映させ、保存することが唯一の目的である。果汁の5%は非サッカロミセス酵母で発酵させた。1%は樽発酵。発酵、ワインは澱と3ヶ月間接触させた。3ヶ月間澱と接触させる。この古典的な手法により、クリーミーさが増し、風味が統合される。風味を統合する。」「2023年のノーチラス・ソーヴィニヨン・ブランは、レモングラス、新鮮なカシスの芽、熟したグレープフルーツの力強いアロマを示す。レモングラス、新鮮なカシスの芽、熟したグレープフルーツのアロマ。口に含むと口に含むとライムの皮のような風味が広がり、食欲をそそる。力強いテクスチャーで締めくくられる。」フードマッチングは「カリカリのフィッシュタコスに、ヨーグルト、ライム、チャイブのピリ辛ソース。等」とともに!「口当たりのある、シリアスな」ソーヴィニヨン・ブランを造るため、大樽の使用、クローンの研究などを実践しています!ノーティラス・エステート・ソーヴィニヨン・ブラン2023は黒スグリの芽、パッションフルーツの凝縮した香り、わずかにイラクサのニュアンス!いきいきとしたライム、シトラスのフレーバーが口の中一杯に広がり、しっかりと、そして滑らかな口当たりが特徴です!

1985年にソーヴィニヨン ブランのファーストヴィンテージをリリースしてから、家族経営を続けているワイナリー。 そしてニュージーランドワインの品質訴求に注力する、家族経営のワイナリー12社のみで構成される「Family of Twelve」の一員でもあります。20年以上マールボロでワイン造りに携わっているワインメーカー クライヴ ジョーンズ氏は、ヴィンヤードマネージャー マイケル コリンズ氏とともにマールボロのワイン活性化のために積極的に活動し、日々品質向上に努めています。

マールボロ地区の3つのエリアに6つの自社畑を所有(アワテレ畑・クレイヒルズ畑・カイツレ畑・ラナーク レイン畑・オパワ畑・レンウィック畑)。それぞれのエリアの特徴を備えたブドウをブレンドすることで、ユニークなマールボロのテロワールを見事に反映した複雑味と深みを持ったワインが造られます。

2000年、南半球で初めてピノノワール専用の醸造施設を設立。グラヴィティーフローと優しいプレスが出来る設備を整え、品質の向上に大きく寄与しました。2006年には白ワイン専用醸造施設も完成。ワインの品質を第一に考えつつ、環境にも配慮したワイン造りをしています。

返品・交換について

商品の品質につきましては、万全を期しておりますが、万一不良・破損などがございましたら、商品到着後1週間以内以内にお知らせください。返品・交換につきましては、1週間以内、未開封・未使用に限り可能です。